マンチェスターダービー開幕 火花散る激戦は全世界注目!!

Pocket

最近不調気味のマンチェスターシティ。

リーグでは苦戦が続き、clでは初の敗戦を喫することとなりました。

12月・1月は過密日程が組まれており、ここを乗り切れなければリードもあっという間に消えてしまうでしょう。

対象的に調子を上げてきたのはマンチェスターユナイテッド。

鉄壁の守備はもちろんのこと、中盤に入り攻撃でも安定感が増してきた印象です。

現在シティには8pt差をつけられての2位に甘んじており、敗戦ならその差は11にまで広がる状況。

今後食らいついていくためにも、この一戦は必勝あるのみです。

プレミアリーグ16節。ユナイテッドホームで行なわれるマンチェスターダービー。

全世界が固唾を飲んで見守る首位攻防戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

 

シティは守る相手を崩しきれず 改善なくしてリーグ制覇はない!!

シティはここ最近不調のゲーム展開が続いています。

clの敗戦はともかく(ターンオーバー組での一戦だったため)、直近リーグ3戦では全て薄氷の勝利。

敵の戦い方も一貫しており、どのクラブもゴール前で強烈なブロックを敷き、ドローなら儲けものといった守備戦術を使用してきました。

出典 http://football2channel.blog.fc2.com



いくらシティといえど、11人全員が自陣に戻られてのブロックは崩しきれません。

敵は攻める気力もなく、隙も生まれない状況。ブライトン戦では一時ポゼッションが90%を超えましたが、これはシティというよりは敵の問題でもあるといえます。

ただそのようなサッカーをいたずらに批判するのはお門違い。

極端すぎる戦術ではありますが、巨大戦力に立ち向かうためにブロックを固めるのは自明の理といえます。

それにこの戦術でシティは追い詰められてきたのも事実。

特にフィジカルに弱いシティ選手陣は、単純なクロスの放り込みで力押しすることはできません。

またセットプレーに弱いという致命的な弱点も露呈しており、下位クラブとしては、流れの中でリスキーな攻撃を仕掛ける必要性もないといえるでしょうか?

そうなると焦点は、シティがこういったチームをどのように崩していくかに移ります。

ジェズスを筆頭にオフザボールの動きを増やしていく。あるいはミドルレンジからの積極的なロングシュート・それを囮にしたショートパスでの崩し。

色々考えられますが、ペップもそろそろ手を打つ必要があるでしょうね。

ユナイテッドはビッククラブの中でも、守備的戦術を多用してくるので、今節は今後を占う上でも重要な一戦と言えそうです。

 

 

痛すぎるポグバ離脱 ユナイテッドはいさぎよく高さで勝負か

ユナイテッドは前節アーセナルに3-1での大勝。

デヘアのビッグセーブなどもあり、貴重な試合で勝ち点3奪取に成功します。

ただ痛すぎるのはポグバのレッドカード。

これで今節のダービーマッチに彼が出場出来ることは無くなりました。

彼がいるのといないのでは、ユナイテッドの攻撃は大きく違ってきます。

復帰前は単調なクロスに終始する場面も増えていましたが、ポグバが試合に入ると、崩しという側面も活性化していたのは事実でしょう。

アーセナル戦でもそのポテンシャルを遺憾なく発揮していました。

また彼がいなければ、カウンターでの決定的なパスも生まれにくなり、そうなると個の力で崩すより方法はなくなります。

最近好調リンガードのスピードや、マルシャル・ルカクの決定力。

この辺りが機能しなければ敗戦は間逃れないでしょうね。

ただこれが逆に功を奏する可能性もあります。

ポグバ離脱を受けて守備的にならざるを得ないユナイテッドですが、現在のシティはそういったクラブを苦手としています。

いさぎよく守備に徹して前半を守りきれれば、疲れの見え始める後半で積極的な高さ勝負も有効に働くでしょう。

またカウンターを受ける機会も減り、失点のリスクも極端に減ります。

ビッククラブらしからぬこの戦術には、fw・mfを含めた全選手の意識の統一と守備意識が絶対条件ですが、モウリーニョはそれを体現させてしまう数少ない名監督であるということは、否定のしようもありません。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗を予想

それでは注目の一戦をブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル ユナイテッド勝利 3.30 引き分け 3.40 シティ勝利 2.15


ブックメーカーbet365 ユナイテッド勝利 3.20 引き分け 3.50 シティ勝利 2.15


アウェイチームのシティが優勢とのオッズ。

やはり今季の順位の差が直接数値にも影響を与えているとみて間違いありません。

ただ、ユナイテッドはまだ今季一度もホームスタジアムで勝ち点を失っていないというデータも残っています。

過去5戦の対戦成績を見ても、4勝1敗と大きくリード。これらのデータを見るに、ユナイテッド側もオッズ以上には善戦できる気もします。

ダービーマッチですのでこういったデータは余りあてにならないかもしれませんが、少なくとも現在調子が良好なのは、ユナイッテドということも事実と言えるでしょう。

 

 

総括

プレミアリーグ第16節。ユナイテッドがシティを迎え入れるマンチェスターダービー。

全世界が注目を集めるダービーマッチは、サッカーファンなら見逃せません。

首位攻防戦ではありますが、シティが勝てばほぼタイトルが決まるといった状況でもあります。

そのためリーグの今後を占うという意味でも、重要な一戦と言えるでしょう。

果たして火花散るダービーマッチ第1幕を制するのはシティか?ユナイテッドか?

日本時間早朝1時開始予定のゲームを固唾を飲んで見守りましょう。

アイキャッチ画像 出典 http://chimotoportugal.blog76.fc2.com

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る