岡崎の出場は?レスターはトッテナムと激戦


開幕から低調なパフォーマンスが続くレスター。

早々と監督が解任となるなど、17年度は苦しい戦いが続いているようです。

そんな不調レスターに対するはビック6の一角トッテナム。

序盤から好調をキープしていましたが、現在は2戦連続未勝利と、こちらも勝ち星が拾えずに苦しんでいます。

ですが弱音を吐いている訳にも行きません。

首位シティとの差が13ptに開いている現在、これ以上勝ち点を落とせば優勝は現実的ではなくなってしまいます。

プレミアリーグ13節。12位レスターが5位トッテナムを迎え入れる一戦。

不調同士の両者が激突する試合の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

 

 

最近不調の両クラブ トッテナムは3試合でわずかに2

トッテナムは前節wba戦を1-1のドローで終えます。これでリーグ戦2戦未勝利となってしまいました。

10節ユナイテッド戦を境に、粘り強さがなくなった気もしますね。

WBA戦でも早い時間帯・それも中盤のつまらないミスからの失点で出鼻を挫かれ、後半に1点を返すものの結局勝ち越しには至りませんでした。

ケイン・デルアリらゴールゲッターも最近は低調で、ここ4試合で奪った得点はわずかに2。

出典 http://bookmakerjp.blog.fc2.com



このままでは首位シティに離されるばかりです。(現在13pt差の大差をつけられている)。

それどころかアーセナルにも勝ち点で抜かれ、当面は4位争いに力を入れないといけないでしょうか?

まだ序盤のため、余り順位ばかり気に留めるべきでもありませんが、これ以上勝ち点を失うとリーグ優勝は絶望的となってしまうのは紛れもない事実です。

特に下位クラブ相手とのゲームではもう1ptも落とすわけにはいきません。今節ももちろん例外ではないでしょう。

対するホーム・レスターも前節はウエストハムと引き分けに終わりました。

ピュエル監督就任後初戦は勝利を飾ったレスターですが、その後閉まらない試合が続き、3戦未勝利。以前厳しい状況は続いています。

今節はトップ6相手との難しい一戦ですが、最低でも引き分け以上の成績を残して今後に弾みをつけなければ、終盤まで下位を彷徨うことになるでしょう。

ビッククラブに善戦できれば復調の糸口がみつかるはず。まずは守備から試合に入り、先制点を奪われることだけは避けなければいけません。

 

 

監督交代で出番激減の岡崎 ピュエル監督の真意は?

成績不振でシェークスピア監督が辞任となったレスター。

後任に任されたのはピュエルですが、その後立て直しに成功したとはとても言えません。チームは未だ10位以下を彷徨っており、苦しい状況が続いているのが現実です。(就任後の成績は1勝1敗2分け)

また苦しんでいるのはチームだけではありません。今季絶好のスタートを決めた岡崎も、新監督の元では出場機会を失っています。

出典http://nofootynolife.blog.fc2.com



元々は大胆な新人起用が特徴的な監督でしたが、レスター就任後もグレイを左サイドで起用するなど積極的な若手起用が目立っている傾向。

加えて1トップシステムを採用しているため、戦術上ヴァーディの相棒にはオルブライトン(トップ下の選手)が選ばれることが多い印象です。

そうなると必然的に岡崎の先発は少なくなり、前節は出場機会さえありませんでした。

序盤好調をキープしていただけにこれは残念ですよね。(開幕ゴールを含め、4得点を奪ってレスターの攻撃を牽引)

確かに岡崎は、グレイのようなスピード・ヴァーディのような決定力・マレズのような個の打開力を持ち合わせている訳ではありませんが、前線からのフォアチェックはデータ以上に重要度の高い仕事のはず。

彼のような選手は守備的なチームに必要不可欠で、もう少し監督から評価されていいようにも思います。

とにかく途中出場でも結果を残すことが大事になるはず。

監督のファーストチョイスになれるよう、ゴールという目に見える結果を積み重ねていって欲しいですね。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗を予想しよう。

それではブックメーカーのオッズを確認しながら、注目の一戦の行方を予想していきます。

ブックメーカーウィリアムヒル レスター勝利 4.80 引分け 3.80 トッテナム勝利 1.75


ブックメーカーbet365 レスター勝利 5.00 引分け 3.90 トッテナム勝利 1.75


やはり有利はトッテナムとの予想となっています。オッズの差を見てもそれは明らかですね。

同じ不調同士といっても戦力差は比べ物になりませんし、終始トッテナムペースで試合が進むことは間違いないでしょうか?

ただトッテナムは引いて守るチームから得点を奪うことを苦手としています。(前節もWBAを崩せずに1-1のドローゲーム)

レスターがしっかりと引いてブロックを作れれば、無失点で試合を終えることは可能かもしれません。

後はセットプレーや何かしらのチャンスをものにすることができれば、ジャイアントキリングが起こる可能性も否定できないと言えそうですよ。

 

 

 

総括

プレミアリーグ13節。日本の岡崎が所属するレスターが、強豪トッテナムをホームに迎え入れる一戦。

果たして勝利で復調の糸口を見出すのは、どちらのクラブになるでしょうか?

また今節、岡崎・ソンフンミンが出場すれば、プレミアの舞台で日韓戦が実現するということにもなります。

注目の一戦は29日早朝4時キックオフ予定。

日本人ならこの試合は見逃せません。

 

アイキャッチ画像 出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る