ブリーダーズカップターフ開幕 今年の注目馬は?


アメリカの芝2400mで争われるG1ブリーダーズカップターフが11月4日にカリフォルニア州のデルマー競馬場にて開催となります。

アメリカ競馬の祭典「ブリーダーズカップ」の2日目に施工されるレースで世界中から芝中距離のスペシャリストが集う凱旋門賞と並んで権威性の高いレースとして知られています。

今年も世界中のG1馬がブリーダーズカップターフに出走を予定しており盛り上がりを見せています。

一方ブリーダーズカップターフ出走馬の中にはジャパンカップへの登録を済ませている馬もいるのでレース振りや結果はチェックが必要ですね。

では有力馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

ハイランドリール 3.00倍、ユリシーズ 3.25倍、ビーチパトロール 9.00倍、デコレイテッドナイト 9.00倍、セブンスヘヴン 13.00倍、


ブックメーカーbet365

ハイランドリール 3.25倍、ユリシーズ 3.75倍、ビーチパトロール 7.00倍、デコレイテッドナイト 11.00倍、セブンスヘヴン 12.00倍、


現在のオッズ見るとハイランドリールとユリシーズが人気を分け合っていますね。

ではハイランドリールとユリシーズをご紹介していきましょう。

ハイランドリールはアイルランドの名門オブライエン厩舎所属の5歳牡馬で、昨年のブリーダーズカップターフの勝ち馬です。

出典 https://ja.wikipedia.org



G1は6勝していますし、一昨年の凱旋門賞でもファウンドの2着と世界中で最も知名度が高い中距離馬かも知れませんね。

直近の2戦で結果が出ていない事だけが懸念事項となります。

前々走のキングジョージ六世&クイーンエリザベスステークスが4着、前走のチャンピオンステークスも3着と1着馬とは離されて負けているのが気掛かりです。

完調なら本命視されなければいけない馬ですが、近走の結果から絶対的な存在とは言えない飛ぶ可能性も十分考えられる危ない人気馬です。

続いてユリシーズになります。

ユリシーズはイギリスの名門マイケル・スタウト厩舎の4歳牡馬でG1は2勝、昨年のブリーダーズカップターフは4着で今年の凱旋門賞では3着だった馬です。

実績こそハイランドリールに及びませんが、ハイランドリールの直近レース2走とも出走しており、共にハイランドリールに先着しています。

昨年よりも力を付けている今のユリシーズなら昨年以上の結果は当然の事、ハイランドリールに勝つことも全く夢物語とは思えません。

よってどちらか一頭を本命とするならユリシーズを選ぶでしょう。

昨年のブリーダーズカップターフはハイランドリールに騎乗したヘファーナン騎手によるロングスパートの奇襲によるものが大きかったと思います。

昨年と同じ奇襲作戦は今年は通用しませんし、今のハイランドリールでは実現できるとは思えませんのでユリシーズの走りに期待したいと思います。



アイキャッチ画像
出典 http://blog.goo.ne.jp

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る