コックスプレート2017 気になる出走馬の詳細は?

Pocket

秋も深まるこの時期。日本では徐々にビッグレースが行われるようになり、29日には天皇賞(秋)が開催されますが、日本から離れたオーストラリアでも競馬はピークの時期に。

オーストラリア版の天皇賞(秋)とも言えるビッグレース、コックスプレートの開催が間もなくに迫りました。

今年のコックスプレートは10月28日(土)の15時(日本時間:13時)にオーストラリアのムーニーヴァレー競馬場の芝コース2040mで開催。

3歳以上の馬が出走可能のオーストラリアの最強馬決定戦。まさにオーストラリア版の天皇賞(秋)と呼ぶにふさわしいレースと言えます。

コックスプレートの歴史は古く、創設されたのは1922年。年齢等の条件は特に変わりませんでしたが、距離は現在よりも短い9.5ハロン(約1900m戦)。

そして距離の変動もほとんどなく、21年後の43年に10ハロンに替わり、29年後の72年にメートル法が施行されることになったため2000mに替わり、翌73年に微妙な変更ですが、2050mに少しだけ伸びる形に。

ムーニーヴァレー競馬場のコースレイアウトの問題ですが、そこから微調整が入り、86年に現在の2040mになり、現在に至ります。

日本どころか、海外でもあまりなじみのないレースとして知られ、これまでに参戦した日本馬と言えば05年のトーセンダンディが最初で最後の遠征馬となっていますが、その時の映像を見てもわかる通りとにかく直線の距離が短いことで知られています。

それもそのはず、ムーニーヴァレー競馬場の最後の直線は317mとかなり短め。昨年までは173mと言う驚異的な短さだったので、先行馬がダントツ有利のレースとして知られていました。

その直線の短さを知っている国際派の森秀行調教師はあえて先行馬のトーセンダンディを連れて行ったのかもしれません。

コックスプレートが世界的に知られるようになったのは99年。ワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップのオーストラリア戦に選ばれたことでした。

このシリーズは世界各国のG1レースを回っていき、それぞれの着順にポイントを付け、年間の総合成績を決めるというエミレーツ航空が協賛して作った競走馬のキャンペーン。


ドバイへの遠征馬を増やす目的で選出されたレースでしたが、そのオーストラリア戦がここ。距離も2040mと手ごろで、狙いやすいということから遠征馬がこの頃から増えました。

ですが、このレースだけは地の利があるのか、オーストラリア勢が優勢。

歴代の勝ち馬を見てもノーザリー、サンライン、マカイビーディーヴァ、ソーユーシンクの名馬たちばかり。

また、この名前を挙げた馬の中ではマカイビーディーヴァ以外は連覇した経験を持つだけにリピーターレースとしての色合いも強いレースとなっています。

豪州最強の馬が決まる一戦だけにどんな馬が集まるか気になりますよね? それではブックメーカー「ウィリアムヒル」「bet365」で発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。

 

連覇が多いのがコックスプレートの特徴ではありますが、今年のコックスプレートには伝説の3連覇に挑む馬が現れました。それがウィンクス。今回「ウィリアムヒル」「bet365」ともにダントツ人気に支持しています。


3歳時からクイーンズランドオークスを勝ち、オーストラリアンオークス2着などの実績を持っていましたが、サンシャインコーストギニーから勝ち続けることが増え、気が付けば4歳になった15年にコックスプレートを初制覇。

そして翌16年のコックスプレートも勝利と連覇を達成して名馬の仲間入り。その後も連勝が途絶えることがなく、現在までに21連勝と言う破格の数字。

デビュー数戦の負けがなければと惜しまれるほどの活躍を見せています。

レーススタイルは後方からの差し切りと本来コックスプレートを勝つには難しい脚質ですが、それでも勝ち切るあたりこの馬の地力の高さを窺わせます。

直線が今年から伸びるのもプラス材料となることでしょう。3連覇に向けて視界は良好です。

これに続くのがロイヤルシンフォニー、フォルクスウッドらですが、いずれも単勝オッズは10倍以上。

1倍台のウィンクスがダントツ人気と言う構図には変わりません。

軸が固い一戦と言えるだけに、どんなレースをウィンクスが見せるかがオーストラリアの国民的関心ごとになっていると言えるでしょう。

コックスプレートは10月28日(土)の15時(日本時間:13時)に発走予定。オーストラリア最強の馬が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!



アイキャッチ画像 出典 http://2chkeiba2chkeiba.blog.fc2.com


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る