日本シリーズ第2戦 ホークスは連勝なるか

Pocket

27日から開幕した日本シリーズ2017。

初戦は点差の離れた展開となってしまいましたが、横浜も維持を見せて欲しいところです。

昨年は日ハムが逆転でシリーズを制していますし、粘れればまだチャンスはあるはず。

初戦は忘れて心機一転ゲームに望みたいですね。

他方ソフトバンクは2連勝で勢いに乗りたいところ。

30日からはアウェーでの3連戦が待ち構えていますので、完勝で敵の勢いを殺しておく必要があります。

果たして今シリーズの肝となる第2戦を勝利で飾るのはどちらのチームになるのでしょうか?

福岡のヤフオクドームで行われる試合の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

DeNAは10失点大敗 先発井納が踏ん張れず

Denaは28日の試合で屈辱の10失点大敗。

原因は多々あるのでしょうが、第1に先発井納が試合に上手く入れなかったことが挙げられます。

特に先頭打者柳田を簡単に塁に出してしまったことで、ソフトバンク打線に勢いを与えてしまいました。(その後デスパイネにフォークを打たれ失点)

ストレートは常にシュート回転し、フォークのキレも悪く、とても彼本来のピッチングとは言えなかったでしょうか?

3回には長谷川に2ランを浴び、5回にも1失点で降板。

序盤からストライクゾーンにボールが中々入らずに苦しんでいましたが、最後まで修正出来ずにマウンドを降りることとなってしまいます。

やはり敵先発千賀と比較しても、粘り強さが足りなかった印象ですね。

事実千賀は4回にノーアウト1.3塁のピンチを迎えていますし、全体的なクオリティをみてもそれほど違いはありませんでした。

だからこそ勝負所での被弾や四球など、大事な場面での「踏ん張り」が効かなかったことが試合の明暗を分けた要因。

今後先発で登板することがあるかもしれませんが、それまでにしっかりメンタルを建て直せるかに注目です。

 

 

戦力の差 denaはクリーンナップ以外に怖さは感じられず

第2戦以降DeNAが勝利を手にするためには投手陣の快投は絶対条件ですが、それ以外にも打線の奮起も必要不可欠と言えるでしょう。

クリーンナップの迫力はソフトバンクとさほど変わりませんが、やはり周りを打つバッターの質の差は深刻です。

1番で比較しても、倉本と柳田では雲泥の差。

出典 日刊魔胃蹴 http://blog.goo.ne.jp/datian17town



クリーンナップに強いdenaですが、そこまでに繋がらなければ大量得点はありえません。

ソフトバンクのように途切れのない打線と言う訳にもいきませんが、四球で出塁するなどの意地を見せたいところですね。

また3番を打つロペスの動きが固いのも気になりました。

今期は3割とリードオフマンの役割を果たしてきただけに、彼が出塁しなければdena打線に勢いが出ません。

筒香・宮崎に繋げるといった意味あいも強い3番バッターですし、彼の調子がdenaの打線の行方を左右しそうな予感。

「逆シリーズ男」とならないためにも、2戦目では何とか1本でもヒットを出して置きたいですね。

 

 

DeNAの勝利の鍵 7回までにリードを奪いたい

denaがこの試合敗戦以上に痛かったのは恐らく、5.6回を守るリリーフ陣の層の薄さが露呈してしまったことでしょう。

5回に井納の後を背負った田中は6失点。

満塁からの登板という事で厳しいピッチングとなったのは事実ですが、それにしても2つの押し出しは頂けません。

四球でリズムを崩しての6失点でしたので、本人としても悔いの残る登板となってしまったはずです。

やはりソフトバンクは巨大戦力ですし、この辺りの細かい投手のクオリティの違いは致し方ありませんが、5回・6回を守り切れなければdena勝利はないに等しいのも事実。

だからこそ他リリーフ陣の活躍にはラミレス監督も期待しているでしょうか?

出典 http://matomedeon.com



大量得点差の登板ではありましたが、須田・砂田共に初戦は快投を見せてくれました。

両者共に球にキレが見られましたし、2戦目以降は大事な場面での起用も考えられそうです。

今後ピンチの場面(特に、早い回での)は頻繁に訪れるでしょうが、そこでリリーバーが踏ん張れなければはっきり言って今シリーズ勝負になりません。

7.8.9には盤石の布陣が控えていますから、そこまでに何とかリードを奪って置きたいのがdenaの本音。

先発・打線・リリーフ陣一丸となって、7回リードで終盤を迎えることができればdenaもリズムに乗っていけるでしょう。

 

 

ブックメーカーのオッズで勝敗予想

それでは第2戦の予想をブックメーカーのオッズで確認していきましょう

ブックメーカーピナクルスポーツ  ソフトバンク勝利 1.671 DeNA勝利 2.680


ブックメーカー1xbet ソフトバンク勝利 1.585 DeNA勝利 2.584


 

やはりソフトバンクが有利との予想ですね。

ホームのアドバンテージもありますし、初戦の結果を踏まえてもこの結果は妥当と言えるでしょう。

ただ清々しい程の大敗となったdenaは、ある意味心理的なダメージは少ないかもしれません。

ラミレス監督としても「弱点」や「足りない部分」はしっかりと把握できたでしょうし、次戦に向けて手を打ってもいるはずです。

広島戦でも見せたような奇策でシリーズの流れを掴みたいところですね。

 

 

総括

初戦は下馬評通りの結果となった日本シリーズ。

やはり常勝軍団ソフトバンクの壁は厚いですね。

ただ幾度とない逆境を跳ね除けてきたdenaが、このままただで終わるとも思えません。

果たして第2戦を制するのはどちらの球団になるのか?

ブックメーカーでもオッズが発表されていますので、是非予想を楽しみながらご覧になってみて下さい。

 

 

アイキャッチ画像 出典 http://yakyufan.blog74.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る