日本シリーズをオッズで予想 横浜は下剋上なるか?

Pocket

今年は大変な事態が起きました。

クライマックスシリーズで前代未聞の下剋上。

セリーグで14ゲーム差をつけ優勝した広島が、3位DENAにまさかの4連敗で敗退となってしまいます。

日本シリーズの下剋上といえば、2010年のロッテを思い浮かべるファンも多いでしょうが、今シリーズでもその奇跡の再来となるでしょうか?

ただ待ち構えるのは絶対王者ソフトバンクですから簡単にはいきそうにもありません。

楽天とのCS2ndでは2連敗と最悪の出だしで始まった若貴軍団ですが、その後は地力をみせつけ当たり前のように日本シリーズ進出を決めました。

果たして憩いに勝るDENAが下剋上でプロ野球界の頂点に立つのか?

それともソフトバンクが圧倒的な強さで、2年振りの日本シリーズ制覇を決めるのか?

ファンなら見逃せない激戦の行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきます。

 

 

ラミレス監督の名采配 台風を見越しての積極采配

広島に下剋上で日本シリーズに進出した横浜Dena。

鈴木誠也・エルドレッドの離脱で広島が調子を落としていたのは事実ですが、それでもこの結果には驚きを隠せません。

ただ結果論ではありますが、今シリーズにおいて横浜が投打ともに広島を圧倒していたのはファンの目にも明らかだったはず。

特に中継ぎ陣は安定しており、抑えの山崎やホールドを務めるパットンらに失点の気配を感じませんでした。

また名将ラミレスの積極采配もシリーズの流れを作る基盤となったでしょうか?

出典 http://matomedeon.com



序盤から何人もの投手をつぎ込む継投策はガス欠も心配されましたが、台風での試合中止を見越しての采配というのだから見事なもの。

天候などを巧みに生かした戦い方は野球史上に残る名采配といっても過言ではありません。

日本シリーズでは絶対王者ソフトバンクの本拠地での2連戦スタートが予定されていますが、何とかここで1勝でももぎとって横浜に戻ってきたいところですね。

 

 

好調内川 柳田も復帰で盤石の布陣

対するソフトバンクも日を追うごとにチームに調子が戻ってきた印象です。

特に好調だったのは4番を打つ内川。

初戦から4戦連発のHRでCSの記録を作ると、その後も打線の中心としてフル稼働しシーズン突破の原動力になりました。

また3戦目以降からは周りを打つバッターにもシーズンのキレが戻り打線につながりが見え始めたのも、日本シリーズに向けて良い傾向といえそうです。

中村は2戦連発弾、松田・デスパイネにも一発が飛び出し、苦しんでいた長谷川もタイムリー。

加えて最終戦には柳田がサプライズ先発で2安打を放つなど、もはや攻略しようのない最強の打線が出来上がりました。

出典http://ochamehack.com



いくら横浜が投手陣好調とはいえ、この打線ならば大量得点での勝利も十分に可能でしょうか?

1戦・2戦で敵投手を完全に攻略できれば、4タテでの勝利が現実味を帯びてきます。

 

 

勝負を分けるのは中継ぎ ソフトバンクはCSで未だ無失点をキープ

横浜・ソフトバンク共に勢いに乗って日本シリーズに乗り込んできましたが、では勝負の差を分けるのはどこになるのか?

それはずばり両チームの中継ぎ(継投)ということになりそうです。

中継ぎといいますと7回以降の印象ですが、今シリーズで重要なのはその前を守る5回・6回の投手陣。

共に7・8・9には盤石のリリーフ陣が待ち構えていますが、いかにそこまでをリードして迎えるかが肝になるでしょう。

そうなるとやはり層が厚いソフトバンクが有利ですが、横浜も奇策を駆使して乗り切りたいところ。

特に横浜は5回・6回を投げる投手がクオリティを保てなければ厳しい試合となるのは明白です。

三上・須田・砂田らはCSでは好成績を残したものの、シーズンでは精彩を欠く投球も目立ちました。

対照的にソフトバンクは、5回・6回にも森や嘉山・石川ら防御率2・3点台の投手が控えており、選手の質という意味では横浜は遠く及びません。

だからこそ今永リリーフなどの奇策が必要になってくるかもしれませんが、先発との兼ね合いもありますのでラミレス監督としても難しい采配が迫られるはず。

出典 http://haruyasu225.blog.fc2.com



全体的な投手の質を比べると横浜・ソフトバンクはそれほど違いが見られませんが(特に先発陣は横浜も相当な質)、やはり数の差ではソフトバンクが圧倒しているのも事実です。

打線に切れ目のないソフトバンクですからこの5回・6回を凌げなければ2点差・3点差などは簡単にひっくり返されてしまうでしょう。

やはりここを横浜がどれだけ踏ん張れるかが、シリーズの勝敗を握ることになりそうですね。

 

 

ブックメーカーのオッズで優勝予想

それではブックメーカーのオッズで日本シリーズ第1戦の勝敗を予想していきましょう。

ブックメーカー1xbet ソフトバンク勝利 1.5 横浜勝利 2.845


ブックメーカーピナクルスポーツ ソフトバンク勝利 1.487 横浜勝利 2.840


約2倍近いオッズ差となっています。

野球関連のオッズとしてはやや差が開いているようにも感じますね。

やはりソフトバンクは圧倒的な戦力を誇巨大クラブですし、加えてホームでの対戦となります。

はっきりいって勝利はかなり厳しいでしょうね。

ただ横浜には勢いがありますから全ては初戦次第。

ヤフオクで1勝でも持ち帰ることが出来れば、奇跡の優勝もありえますよ。

 

 

総括

28日から開幕するプロ野球日本シリーズ。

2017年の頂点を決める戦いは、今年も大激戦の予感です。

果たして横浜が、史上最高の下剋上を果たし野球史上にその名を刻むのか?

それとも盤石の絶対王者ソフトバンクが力を堅持するのか?

注目の一戦はブックメーカーのオッズでも発表されていますから、ぜひ予想を楽しみながら観戦してみて下さい。

 

アイキャッチ画像 出典 http://gakudoh.blog67.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る