クイーンエリザベスII世ステークス開幕 気になる優勝馬は?


ブリティッシュチャンピオンズデーのマイル部門G1レース「クイーンエリザベスII世ステークス」が、10月21日にアスコット競馬場にて開催となります。

芝の距離1600mで争われるイギリス下半期マイル最強馬決定戦には、イギリス国内は勿論のこと欧州全土から多くの馬が参戦を予定しております。

では有力馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル

リブチェスター 3.25倍、チャーチル 5.00倍、ビートザバンク 5.50倍、アルウケア 7.50倍、サンダースノー 13.00倍、


ブックメーカーbet365

リブチェスター 3.25倍、ビートザバンク 5.00倍、チャーチル 5.50倍、アルウケア 7.00倍、サンダースノー 11.00倍、


両ブックメーカー共に欧州最強マイラーの呼び声高いリブチェスターが1番人気となっています。

リブチェスターはドバイのゴドルフィン所属の4歳牡馬で、マイルG1はジャックルマロワ賞、ロッキンジステークス、クイーンアンステークス、ムーランドロンシャン賞を制しています。

距離1600m戦に関しては8戦して4勝、2着2回、3着2回と崩れたことは一度もない生粋のマイラーです。

次走予定しているアメリカのブリーダーズカップマイルでも本命視されている馬ですし、世界最強マイラーの称号を手にする為にここで負けるわけにはいきません。

続いて2番人気のチャーチルはアイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎所属の3歳牡馬です。

出典 https://ja.wikipedia.org



欧州の2歳王者となり早くから才能を評価されていましたが、3歳となってイギリスとアイルランドの2000ギニーを制した後のここ3戦勝ちがありません。

G14連勝を含む7連勝を決めた時は、欧州最強マイラーだったフランケルの再来とまで言われた馬でしたが、単に早熟馬だったのかもしれません。

直近の2戦は2000mだったこともあり、距離を得意の1600mに戻してかつてのパフォーマンスが見られるのか注目が集まります。

最後にご紹介する3番人気のビートザバンクは、戦績6戦5勝の3歳セン馬です。

デビューが3歳の2月と2歳から活躍しているチャーチルとは対照的な遅咲きの馬となります。

現在マイル戦は3戦負けなしで、G3サラブレッドステークス、G2ジュエルステークス勝ちを含む3連勝中の登り馬です。

初G1挑戦となりますが、遅咲きの馬なので伸びしろが多い分、一級線の馬たちを相手にどんな競馬を見せてくれるのか楽しみではあります。

以上人気馬3頭をご紹介しました。

実績、相手関係を見てもリブチェスターで固いレースになりそうですが、伏兵としてビートザバンク、チャーチル、アルウケア、サンダースノー、など上位人気の馬にも注意が必要です。

個人的にはチャーチルの復活にも期待したいと思います。

  アイキャッチ画像 出典 http://2chkeiba2chkeiba.blog.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る