ソフトバンクが優勝に王手 CS第5戦も見逃せない

Pocket

17日に開幕し盛り上がりを見せるパリーグ2ndステージ。

初戦・2戦目共に、勢いに勝る楽天が制し王者を窮地に追い詰めましたが、その後ソフトバンクもさすがの意地を見せます。

長い休養期間もあって中々コンディションが上がってきませんでしたが、3戦・4戦と一発攻勢で勝利を掴みとりました。

対する楽天は王手こそかけられましたが、シリーズを通して粘り強い戦いも続いており、ただでは終わらなさそうな予感。

果たしてターニングポイントとなる5戦目を制し、シリーズ進出を決めるのはどちらになるのか?

プロ野球ファンなら見逃せない一戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

息の詰まる熱戦 連日のシーソーゲームにファンも熱狂 5戦の鍵を握るのは先制点か?

初戦から手に汗握る接戦が続いているCS2ndステージ。

シリーズ全ての試合で2点差以上の差がなくリリーフ陣の活躍も目立っていますね。

両チームともに一発攻勢が多く打線につながりが欠けている印象もありますが、CSらしいピリピリとした雰囲気も随所に見られます。

そんな熱戦続きのCSですが鍵を握りそうなのはやはり先制点でしょうか?

出典 http://gakudoh.blog67.fc2.com



ソフトバンクは先制した試合では、73勝9敗と素晴らしい成績を残しています。

4戦目でようやく先制点を奪うことに成功したソフトバンクですが、22日にも楽天相手に先行できれば有利となるのは明白でしょう。

ただ楽天は1stでも王手をかけられながら、逆転してこのシリーズに乗り込んできました。

その時の経験もありますし、プレッシャーには慣れているはず。

不屈の精神で逆境をはねのけてきた東北魂を、崖っぷちで発揮できるか注目ですね?

 

 

大爆発内川 4戦連発で4番の意地

2連敗と窮地に立たされていたソフトバンクですが、流れを変えたのはこの男。

内川誠一34歳。

出典http://ochamehack.com



シーズンでは怪我などもあり苦しい時期が続きましたが、流石はCS男と言われるだけあって今季もその打棒が爆発しています。

初戦から4試合連続でホームムラン。打率も4割台をキープし、勢いは簡単に止まりそうもありませんね。

柳田不在で4番抜擢となった彼ですが、しっかり穴をうめるような活躍でチームを勝利に導いています。

後は周りを打つバッターたちが調子を戻せば、いつもの途切れのない打線が見られるはず。

3番デスパイネには21日にホームランが飛び出しましたし、5番長谷川からはタイムリーも飛び出しました。

中村も2戦連続ホームランでお立ち台に上がりましたし、徐々に徐々に打線に火がついてきたようにも感じます。

まだ絶好調とはいえない打線ですが、内川を中心にこの当たりが繋がっていけば、シーズンでも見られた強力打線復活と言えるでしょうね。

 

 

楽天は中継ぎに緊急事態 美馬の投球内容がカギを握る

楽天は心配なのは投手陣。

特に中継ぎのパフォーマンスが2ndステージに入ってから目に見えて落ちて入るのが気になるところです。

松井裕樹は1戦で1失点。福山も、3戦で決勝だとなる一発を被弾。

4試合目で登板した宋も連続被弾で試合をひっくり返されましたし、6回以降を思うように守れていないでしょうか?

やはり選手に疲れの色が見え始めたのも事実。

連戦が続いて球威が落ちた投手も多いですし、シーズン通りの盤石の布陣とはとてもいえません。

対照的にソフトバンク中継ぎ陣は未だ無失点をキープしており、この当たりが今シリーズの明暗を分けている部分といえますね。

王手を欠けられた第5戦は総力戦で次々投手をつぎ込んでいくことも考えられますが、そういった意味では美馬がどれだけ長い回投げられるかが大事。

またソフトバンク同様に楽天も打線に繋がりが欠けますから、何とか先制点・もしくは大量得点で先発を助けたいところです。

 

 

ブックメーカーのオッズで優勝予想

それではブックメーカーのオッズで22日のゲームの行方を予想していきましょう。

ブックメーカー1xbet


有利はソフトバンクとの予想。

やはり21日の接戦を制し王手をかけたことで、精神的にもかなり余裕ができたことは間違いないでしょう。

また楽天の中継ぎ陣は疲労の色が濃く、苦しい投球も続いています。

であればこそ先発美馬が踏ん張らなければいけませんが、彼はソフトバンク相手に打ち込まれて入る印象も強く(26回を投げ14失点、防御率は4点台)、長いイニング投げられるかは不透明。

加えてサファテを始めとするクローザー陣が鉄壁のソフトバンクですから、先制を許せばかなり試合展開として厳しくなってしまうのも事実です。

楽天としてはシーズン通して安定しなかった武田を早い段階で攻略し、序盤に大量点を奪って置くことが望ましいでしょうか?

そういった意味でも、第5戦の勝敗を分けるのは両先発の投球内容と言えそうですね。

特にソフトバンクは先輩陣の不甲斐ない投球が続いていますので、武田の出来は日本シリーズ突破の鍵を握るといっても良いでしょう。

 

 

総括

3戦・4戦勝利で、遂に王手をかけたのはソフトバンク。

シリーズを通して苦しい試合内容が続いていますが、段々と打線にも火がついてきたようで、シーズン通りの強さが随所に見られるようになりました。

対する楽天も下克上を達成しただけあって、勢いは相当なもの。

全体的に粘り強さも見られますし、ただでは終わらないという東北魂が選手達の心を突き動かしています。

果たしてソフトバンクが勝利で日本シリーズ進出を決めるのか?

それとも楽天が逆王手で下克上に望みを繋げるか?

第5戦の行方はブックメーカーのオッズでも発表されていますので、是非予想を楽しみながらご覧になってみて下さい。

 

アイキャッチ画像 出典
https://ja.wikipedia.org/wiki/内川聖一

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る