クライマックスシリーズをオッズで予想 今年も激戦の予感!!

Pocket

14日から開幕するプロ野球クライマックスシリーズ。

リーグで3位以上のチーム同士がしのぎを削りあい日本一を目指していくこのシリーズですが、まずは2位VS3位の3戦勝負が予定されています。

セリーグは阪神タイガースVS横浜DENA。

パリーグは西武ライオンズVS楽天イーグルス。

どちらも強豪チーム同士の対決だけに、ファンなら見逃すことはできませんね。

果たしてCS1stステージを制し、首位のまつ最終ラウンドに駒を進めるのはどちらのチームになるのでしょうか?

中でも注目の初戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

勢いに勝るDena 阪神は投手陣に注目

9月は不調に苦しみながらも、何とか甲子園でのCSをつかみ取った阪神。

対する横浜は最後まで集中力を切らさずに、巨人との3位決戦を制してのCS入りです。

両チーム今季は安定して勝ち星を積み重ねてきた印象がありますが、現在のチーム状態はやや横浜の方がよさそうですね。

ルーキー白浜の2戦連発弾などもありましたし、雰囲気も最高。

昨年も3位でしたが、巨人を破ってCS2ndステージに進出した経験もありますので、「失うものは何もない」というメンタル面が有利に働きそうな予感です。

そんな勢いに勝る横浜を阪神は止めることができるのか?

甲子園で試合に臨めるというアドバンテージはありますが、余り楽観視はしていられません。

出典http://hanshinn.blog.fc2.com



最後の甲子園では7-0と大敗を喫しているのも事実ですし、一度油断すれば足元をすくわれることになるでしょう。

特に、denaは完全なる打線型チームです。

そのため打ち合いの展開となればチームの3割バッターがいない阪神不利は明白。(ポストシーズンではノーマークの選手が活躍したりするので一概にはいえないが?)

ですから先発をはじめとしたピッチャー陣の安定感がこのシリーズのターニングポイントと言えそうですね。

勝ち上がった場合の広島戦のことも考慮しなければいけないので、金本監督としては難しい判断も迫られそうですが、投手陣の使い方次第で今シリーズが大きく動いていくことになるでしょう。

復帰したメッセンジャーの状態も含め、不安要素は少なくありませんが、まずは初戦を制することで横浜の勢いを殺したい所です。

 

 

後半戦で急激に失速した楽天。先輩の奮起が必要不可欠

一方パリーグは、西武と楽天との激突になります。

ただ、こちらはセリーグと比べると戦況予測はシンプル。ズバリ西武が有利とみて間違い無いでしょう。

理由は今シーズンの対戦成績。西武から見て16勝8敗と大きくリードしているという現状は決して見逃せないデータです。

8月は何と負けなしで、実に8連勝を記録したことでも話題になりました。

そもそも夏場首位に立っていた楽天が失速した原因自体が、西武に対する連敗。

初めのほうこそ力関係はイーブンに見えましたが、ペゲーロらが怪我で離脱し始めた8月からそれは顕著になり、後半戦で勝利したのはわずかに1回のみと、相当に苦手意識を刷り込まれた形となったでしょうか?

正直ここまでシーズン(特に後半戦)を通して勝敗に差が分かれることは、プロ野球でもまれ。

ましてや楽天は西武とそれほど戦力差もないわけですし、今シーズンはかなり厳しい戦いが待ち受けていることは否定のしようもありません。

ちなみに、メットライフ(西武本拠地)での対戦成績は3勝9敗。

本当にデータ上だけで予測をするなら楽天は分が悪すぎますね。

ただ少しでも光明を見出したい楽天は、投手戦を望んでいるでしょうか?

10/2の対戦では則本が先発し、2-1とロースコアの試合をものにしました。

それまでは17点を始め高得点を奪われての大敗というケースも目立ちましたので、これは一つ楽天にとってのターニングポイントとなったはず。

「投手戦にまで持ち込めば勝てる」という意識が、既に楽天イレブンの中で芽生えはじめたかもしれません。

それだけに、今シリーズはピッチャー陣(特に先発)に相当な負担がかかるでしょうが、彼らの好投なくしてこのシリーズ勝利はありえないと断言できます。

 

 

先発投手発表 ズバリ!!有利なチームは??

まずはセリーグの両先発から確認していきましょう。

阪神はメッセンジャー。横浜は今永が予定されています。

流石に両チームエース級のピッチャーを建ててきましたが、何と言っても注目は復帰開けメッセンジャーの状態でしょうか?

10/10日の復帰初戦のゲームでは4回を投げ無失点8奪三振と好投。

調子もそれほど悪くはなさそうですが、まだ長いイニングを投げてはいませんので安心は出来ません。

今季は横浜相手にやや苦戦している印象(復帰前は1勝1敗で防御率3.00)もありますので、打線が早い内に彼を援護したいですね。

対する今永は阪神相手との対戦成績は3勝1敗・防御率3.34。

防御率などは平均的な数字ですが、特筆すべきは敵ホームでの内容でしょう。

3勝の内全ては甲子園での投球成績。防御率はなんと驚異の0.48を記録しています。

出典 http://haruyasu225.blog.fc2.com



投球回18の内失点はわずかに1で、阪神というよりは甲子園を大得意にしている印象ですね。

今シリーズはメッセンジャーとの投げ合いなだけに、プレッシャーもあるでしょうが、相性の良さを遺憾なく発揮してほしいですね。

次にパリーグですが、西武は菊池。楽天は則本との発表がありました。

菊池は今シーズン最もブレイクした投手の一人で、防御率は1点台に乗せました。

対楽天成績も0点台と安定しており、西武としては安心して投球を見ていられそうですね。

序盤ポンポンとアウトを重ねることが出来れば、完封での勝利も十分に現実的でしょう。

対する則本も15勝7敗防御率は2点台とエースに相応しい投球内容を見せてくれました。

ただこちらは西武との対戦成績は最悪。防御率は5点台にまで落ち込み、1勝2敗と負けこしています。

10/2の試合では6回1失点と好投し勝利投手となっただけに、cs1stは彼の右腕にかかっているといっても過言ではありません。

楽天ファンも彼の快投を期待しているでしょうね。

 

 

オッズで試合を予想しよう。

それではブックメーカーのオッズで試合の予想を確認していきましょう。

ブックメーカー1xbet 阪神 勝利 1.62 横浜勝利 2.39


ブックメーカー1xbet  西武勝利 1.61 楽天勝利 2.384


どちらも2位チームが有利との予想です。

特に西武・楽天戦はオッズ通りに試合が進んでいきそうですね。

ただ、セリーグの横浜の今永が甲子園に滅法強いため、セリーグの方は大番狂わせが起きても不思議ではありません。

阪神有利は揺るがないでしょうが、西武・楽天戦程分かりやすく勝敗予想を立てづらいのも事実です。

 

 

総括

クライマックスシリーズがいよいよ開幕。

今年もここを出発点にして、日本1クラブが誕生することになります。

セリーグ・パリーグ共に激闘が期待されますのでファンなら見逃せませんよ。

特に初戦は大注目。

ブックメーカーでもオッズが発表されていますので、是非予想を楽しみながら好きなチームを応援してみて下さい。

 

アイキャッチ画像 出典 http://nishikanki.blog.fc2.com

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る