岡崎レスターはホームでリヴァプールと 激闘必死!!

Pocket

開幕から2ゴールと好スタートを切った岡崎慎司。

「フィジカルに弱く倒れすぎだ」、とイングランドサッカーファンから批判を浴びることも少なくありませんが、カップ戦での躍動は現地の人々にも好印象であったはずでしょう。

現在15位のチームを建て直すためには、彼の献身的なプレーは必要不可欠。

今節もその豊富な運動量で前線を搔き乱します。

対するは、ここ数試合勝ちに見放されているリヴァプール。

シティ戦大敗をひぎりに、チームの弱点が様々露呈し、クロップ就任後初の窮地に建たされているといっても過言ではありません。

clも26日に控えている過密日程の中、しっかりとビッグクラブの意地を見せることができるのかは、注目ですね。

プレミアリーグ第6節。

岡崎が所属するレスターが、強豪リヴァプールをホームに迎え入れる一戦。

日本人にとっても見逃せない好ゲームの行方を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チームの近況 リーグ戦では共に不調続き

レスター・リヴァプール。

共にリーグ戦では不調が続いているでしょうか?

特にリヴァプールは、マネのレッドカードやコウチーニョの移籍問題など試合内外でも騒動が続き、ここまで2勝の8位と出遅れています。

出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com



新加入サラーはよくやっていますが、このところは守備陣の稚拙なプレーも目立っており、改善できなければ今後も厳しい戦いが続くかもしれません。

対するレスターもリーグでは2節以降勝ちから遠ざかっている現実があります。

前線も昇格したばかりのブライトン相手に引き分けで、順位は15位止まり。

チェルシー・ユナイテッドら強豪との試合も多かったため、一概に不調とは言い切れませんが、このまま降格付近に止まるようでは先が思いやられるばかりでしょう。

ただカップ戦で復調の兆しが見えたのも事実です。

後述で詳しく振り返っていきますが、岡崎やスリマニら控えfwも活躍を見せましたし、モーガン率いる鉄壁のdf陣にもキレが戻ってきたでしょうか?

今節は強豪が相手ですがホームゲームを簡単に落とす訳にはいきません。

 

 

カップ戦で1週間前に激突 岡崎は先制点 リヴァプールはいつもの負けパターンから抜け出せず。

サッカーファンならご存知の方も多いかと思いますが、レスターとリヴァプールは1週間前のカップ戦でも顔を合わせています。

ちなみに、その時もレスターホームで試合が行われました。

肝心の内容というと、前後半通して終始圧倒したのはリヴァプール。

シェイクスピア監督も語るように、レスターが前半を0で凌げたことは奇跡といってもよいほどです。

ただ、リヴァプールはまたもやPエリア内での精度を欠く悪癖が露呈しました。

後半に入っても一向にゴールマウスを割れないまま時間が過ぎ去っていきます。

リヴァプールファンの中で流れる不穏な空気。

格下相手に攻めきれずカウンターを食らうといういつもの負けパターンがちらついたのも事実でしょう。

そしてそれが現実となったのは後半20分。

途中出場の日本人ストライカー岡崎のゴールによって、その流れは決定的となりました。

これで勢いに乗ったレスターは、後半33分にスリマニも2点目を奪い試合はそれで終戦したでしょうか?

出典 http://calyptus.blog11.fc2.com



攻め込んでいたものの得点を奪えなかったリヴァプールは、 相手に決定力の差を見せつけられた形になりました。

5節でも格下と引き分けを演じましたが、やはりこの得点力ではビッグ6に食い込めません。

また、レスターと比べると守備陣に集中力が足りなかったのも事実でしょう。(特にcbとcbの間を狙われるケースが多い)

クロップ監督も試合後は、同じことの繰り返しにうんざりだとのコメントを残しています。

対照的にレスターは、しっかりとdfラインでブロックを作り、少ないチャンスをものにする…。

そんな典型的なカウンターサッカーで実力差をはねのけてみせました。

今期はリーグで苦戦が続いていますが、このような試合が強豪相手にも展開できれば、ダークホース的な活躍もありえるかもしれません。

 

 

ヴァーディが怪我 カップ戦で躍動の岡崎は先輩濃厚か

カップ戦vsリヴァプールの完勝で勢いに乗りたいレスター。

しかしエース・ヴァーディの怪我がよろしくなく、今節の出場は不透明との報道が飛び込んできています。

これはレスターにとって大きな痛手。

今期ここまで4得点を奪っている彼が離脱となると、他fwにはより一層の活躍が求められます。

特にここまで控えには甘んじることが多かった岡崎やスリマニといったストライカーの決定力は重要になります。

カップ戦でも得点を奪ったこの2人には、リヴァプールも良い印象を抱いていないはずなので、積極的に動き回ってプレッシャーをかけたい所です。

また、イヘアナチョやグレイといった突破力のあるウイングにも期待したいですね。

 

 

ブックメーカーのオッズで優勝を予想しよう。

それではファン期待な一戦。レスターvsリヴァプールの勝敗予想を、ブックメーカーのオッズで確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル レスター勝利 4.00 引分け 3.50 リヴァプール勝利 1.91


ブックメーカーbet365 レスター勝利 4.10 引分け 3.50 リヴァプール勝利 1.90


アウェー・リヴァプールが優勢との見方が強いでしょうか?

ただ、カップ戦では苦汁をなめているのは事実ですし、今節も厳しい試合展開が予想されます。

特にしっかりとしったブロックを引いてくる敵を崩すのをリヴァプールは苦手としていますし、ゴール前で精度を欠けばまさかの2連敗もありえてしまうでしょう。

他方レスターもホームですので勝ち点1は手にしたいところ。

ヴァーディ不在(出場の可能性もあるが、コンディション不良は確実)の穴を、岡崎スリマニらが埋めたいところです。

 

 

総括

カップ戦同カードでジャイアントキリングを演じたレスター。

日本の岡崎も大活躍で、今節もサポーターは期待しています。

対するリヴァプールもこれ以上勝ち点を落とす訳にはいきません。

26日にはclも控えるといった過密日程ですが、同じ相手に2度後塵を拝することは、ビッグクラブにとっては許されないことも事実です。

果たしてプレミアリーグ6節を制するのはどちらのクラブになるのか?

ブックメーカーでもオッズが発表されていますし、この試合の勝敗を予想しながら楽しんでみてください。

 

アイキャッチ画像 出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る