日本代表は勝負の一戦 豪州に勝利でw杯出場なるか?

Pocket

ロシアw杯アジア最終予選。続いてきた戦いも、いよいよ残すは2戦のみです。

振り返れば苦難の連続でしたが、後1勝すれば文句なくw杯出場が決定。

敵は豪州・サウジと強豪しか残っていませんが、日本ならやってくれるでしょう。

怪我人続出で、苦しいチーム事情ではありますが、31日の豪州戦は決して負けられない戦いです。

果たして日本は勝利でw杯出場を決めるのか?

大注目の一戦をブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

 

 

両国のここまでの戦い

日本・オーストラリア。

共に、今節勝利ならw杯出場決定という位置にまで辿り着いています。

ただ、決して簡単な道のりでなかったのも事実でしょう。

特に両国とも格下相手の取りこぼしが多く、中々勝ち点を加算できない時期も続きました。

日本代表は御存知の通り、開幕戦でuaeに逆転負けスタート。

かつてない最悪の出だしに、協会は監督交代も本気で考えていたと聞きます。

その後は順調に勝ち進むも、やはりどこか安定感に欠けていたように見受けられ、前節はイラクと引き分けに追いやられてしまいました。

今節は正念場の豪州戦ですが、しっかり勝ちきることはできるのか?

ハリル監督の手話にも期待しましょう。

対するオーストラリアも苦難の連続。

序盤は順調に勝ち点を拾いますが、タイ戦・イラク戦と二戦連続で勝ち点を落としてしまいました。

オーストラリアはw杯予選は未だ無敗ですが、そういった取りこぼしのせいもあってか、順位はサウジ・日本を下回ったままです。

そのため、今節は形振り構わず攻勢を仕掛けてくることは間違いないでしょうか?

今節は代表史上最も暑い夜になったとしても、何ら不思議ではありませんよ。

 

 

日本は豪州からホームで勝利なし

日本・豪州は、アジア最高のライバルと言われています。

対戦成績も8勝9分け7敗で全くの五部。

そのため、今節も非常に予想が難しい「接戦」になりそうな予感がしますね。

ただ、少し気がかりなデータが…。

それは日本がw杯予選で、一度もオーストラリアに勝てていないということです。

0勝4分け1敗と、決して負けが先行している訳ではないのですが、やはり勝ち数0というのは気にせずにはいられません。

勝負弱さが原因でしょうか?

それとも、勝利に対する執念の差でしょうか?

しかし理由はどうあれ今節勝利は絶対条件。

アウェーサウジ戦にまでもつれ込んでは、不利になるのは明白だからです。

泥臭くゴールを奪い、捨て身で守り切る気力が、今の日本に一番必要なものといえそうですね。

 

 

脱フィジカルは吉と出るか凶と出るか?

オーストラリアの監督に就任したポステコグルー。

出典 http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-1896037/



かつてはアジアカップを制したこともある名将ですが、アジア予選では少々苦しんでいるようです。

彼の推し進める、パス回しに比重を置いたポゼッションスタイルは確かに型にハマれば強力ですが、不用意なロストが増えるという明確な弱点も。

そのためカウンターに非常に弱く、 の日本代表戦でも、攻め込みながらもハリル流カウンターで先制点を奪われてしまいました。

正直このサッカーは、現在の4-3-3スタイルの日本にはかなり相性が悪いのは事実でしょう。

高さがあるヘディングやセットプレーが、ポゼッションによって少なくなってしまっては、魅力半減といった所です。

確かにボールは支配できますが、それでも得点を奪えなければ負けてしまうのがサッカー。

脱フィジカルと銘打つのは良いですが、オーストラリアはもう少し長所をわきまえたダイナミックなスタイルも必要なのかもしれません。

世界王者レアルのように、敵や試合に合わせて臨機応変にスタイル(カウンター型かポゼッション型か)を変更していくことが、理想。

日本戦でも、時間帯や出方に合わせて戦術を使い分けていきたい所ですね。

 

 

日本代表は怪我人続出 苦しいチーム事情

日本代表は11年以来オーストラリア相手に敗戦はありません。

しかし、31日はかなり厳しい試合展開になることは間違いないでしょう。

理由は怪我人の多さ。

本田や香川らもコンディションは万全とは言えず、海外で状態が上がらない選手が多いのがやはり気になります。

特に中盤はかなり手薄になることが予想され、まだ代表経験の少ない井手口らがスタメンに抜擢される可能性も…。

ハリル監督も会見で、「正直、厳しい」と本音を漏らしていました。

頼みの綱は岡崎や乾といった、クラブで好調の選手陣。

出典 http://calyptus.blog11.fc2.com



他にも武藤らにも期待です。

決して万全とはいえないメンバーですが、総力戦とでこの試合を乗り切ってほしいものです。

 

 

オッズで勝敗を予想しよう。

それではブックメーカーのオッズで、注目の一戦の勝敗を確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル 日本勝利 1.85 引分け 3.30 オーストラリア勝利 4.20


ブックメーカーbet365 日本勝利 1.83 引分け 3.60 オーストラリア勝利 4.50


 

有利と見られているのはやはり日本代表。

オッズでは3倍程度差があるようです。

ただ、日本がW杯最終予選でオーストラリアに未だ未勝利(対戦成績は0勝4分け1敗)なことや、11年度以来オーストラリアに「敗戦はない」という事実を踏まえると、引き分けという可能性も非常に高いと言えるでしょう。

果たして試合はどのように動いていくのか?

両国の立ち上がりに注目です。

 

 

総括

今やw杯常連国となりつつある日本。

国外で活躍し始める選手も増え始め、ここ数年で格段にレベルアップしているのも事実です。

しかし、他国も年を追うごとに成長。

かつてのライバル韓国・豪州はもちろん、イラン・サウジアラビアら中東国は、目覚ましい躍進を遂げています。

果たして日本は、そんなレベルアップしたアジアの舞台を勝ち抜き、w杯で花を咲かせることはできるのでしょうか?

注目の一戦は、8月31日7時30分キックオフ。

暑い夜は、サッカーファンでなくとも見逃せませんよ。

 

アイキャッチ画像 出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る