昨季王者とリーグ首位の見逃せない1戦 jリーグが熱い!

Pocket

前節札幌相手に苦戦しながらも、勝利で首位をキープした柏レイソル。

これで7節以来リーグ10試合負けなしを記録し、その勢いは止まることを知りません。

果たしてその実力は本物なのか?

中盤戦でもこの調子を保つことが出来れば、 6年振りのリーグ制覇も見えてきます。

対するは、大岩新監督就任後、見事3連勝を達成した鹿島アントラーズ。

acl敗戦後の電撃解任には批判の声も多く上がりましたが、結果的には最善のタイミング・判断だったといえそうです。

とはいえまだ順位は5位止まり。

リーグ連覇を狙う強豪クラブは1日でも早い首位奪還を目指して勝利あるのみです。

jリーグ17節。首位柏が昨季王者をホームで迎え入れる見逃せない一戦。

大注目の上位決戦を、ブックメーカーのオッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

好調同士の両者

柏は前節5連敗中の札幌と対戦。序盤でPKのチャンスをものにし試合を優位に進めますが、後半セットプレーで同点を許し、その後は中々ゴールマウスを割らせてもらえません。

終盤引分けむードも漂いファンも諦め掛けていましたが、さすがは好調クラブ。

途中出場のディエゴの90分のゴールで劇的な勝利を収めます。

これでリーグ戦は10戦無敗と絶好調。開幕直後の不調が嘘のようで常勝街道を突き進んで、止どまることを知りません。

果たしてこの勢いはいつまで続くのか?これからも目が離せそうにないですね。

対する鹿島は大岩新監督就任後3連勝。

特に苦手としていたホームで勝ちを拾えたのは大きな収穫です。

出典 http://blog.goo.ne.jp/pankman77



ペドロジュニオールやレアンドロといった助っ人ブラジル人も復調の兆しを見せ、選手層にも厚みが加わりました。

今節柏との大一番を制して首位奪還に弾みをつけたいところでしょう。

 

 

アウェイで強い鹿島。今期負けなしで絶好調

鹿島は新監督就任後も守備面では安定したプレーを披露。

ここ3試合での失点はわずかに1と、鉄壁のdfラインを維持しています。

データを見てもそれは明らかで、被ゴール数・被シュート数などで高い数値を記録。

もうリーグも折り返しの時期ですが、 衰えが見られない守備力は賞賛に値しますね。

また今期はアウェイゲームに非常に強く、ここまで何と6戦全勝。

このデータも今節を予想する上で見逃せないでしょうか?

好調柏といえど、アウェイの鹿島を崩すのは容易いことではなさそうです。

 

 

試合展開

両者守備に定評があるクラブですが、柏の方がより攻撃的にハイプレスを仕掛ける展開が多いでしょうか?

全選手がボールめがけて前から前からプレスを繰り返し、堅守速攻を仕掛けるというスタイルは、現在の欧州のトレンド。

リヴァプール監督クロップが生み出したゲーゲンプレスなとばその最たる例で、非常に勝率が高い有効な戦術として人気を博しています。

ただリトリートしない守備ではリスクが増加するのも事実。

プレス時にボールを奪えず交わされれば、そのまま数的有利を作られてしまいます。

また、中盤を飛ばされるロングカウンター戦術も弱点の一つといえるでしょう。

選手が前にお引き出された後に、スペースめがけてハイボールを蹴られると守備陣は戻りきれません。

鹿島としてはこの弱点を上手く利用したいところ。

ハイボールをペドロジュニオールらに集めることでラインを下げつつ、敵のプレスを封殺できれば一石二鳥です。

出典 http://jnew.ffweb.net



加えて敵にボールを回させることが出来れば完全に試合の主導権を握ることはできます。

ただ鹿島は前節もゴール前での決定力に課題が見られたのは事実ですので、チャンスで得点が奪えない展開が続けば、ホーム柏が優勢となるのは明白でしょう。

 

 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは注目の一戦。柏vs鹿島の一戦をオッズを交えながら予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル 柏勝利 2.80 引き分け 3.20 鹿島勝利 2.57


ブックメーカーbet365 柏勝利 2.80 引分け 3.25 鹿島勝利 2.50


流石は好調同士の一戦。

両者ほとんど互角のオッズ数値となっていますね。

ただやはり気になるのは鹿島のアウェイの強さ。ここまで6戦全勝というデータは驚異的です。

対する柏のホーム成績は5勝3敗と平均的。

これも悪い成績ではありませんが、アウェイ鹿島に対抗できるかと言われれば首を傾げてしまうのも事実です。

いずれにせよ白熱した試合展開になることは間違いなさそうですが、データ上の数字だけを考慮するならば、若干ですが鹿島が有利なのではないでしょうか?

 

 

総括

Jリーグ17節。7戦無敗と好調柏が、昨季王者鹿島を迎え入れます。

オッズでも分かる通り実力は互角。

どちらが勝利してもおかしくない試合と言えるでしょう。

今節の結果次第では首位が入れ替わる可能性もあり、そういった意味でも見逃せない一戦になりそうな予感です。

果たして好調柏ぎ昨季王者に引導を渡すのか?

それともアウェイで無類の強さを誇る鹿島が、4連勝でリーグ連覇に弾みをつけるのか?

注目の試合は、7/2日キックオフです。

 

 アイキャッチ画像 出典 http://calyptus.blog11.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る