コロネーションS2017 気になる出走馬の詳細は?

Pocket

クラシックシーズンが一区切りつき、いわゆるオフシーズンともいえる時期が近付いてきた競馬界。しかし、6月の第3週は競馬発祥の地、イギリスには特別なシーズンとなります。

この時期のイギリス競馬のメインはアスコット競馬場。そこでイギリス王室が競馬を開催するいわゆる「ロイヤルアスコットミーティング」が始まります。

全部で5日間の開催が行われ、その間にG1レースは8レースも組まれています。

開催されるレースは様々な条件がありますが、3歳牝馬のG1レースとして行われるのがこのコロネーションS。

今年のコロネーションSは6月23日(金)の16時20分(日本時間:6月24日(土)0時20分)にアスコット競馬場の芝コース1600mで開催。3歳牝馬のマイル女王決定戦となる一戦です。

もともとは1840年にヴィクトリア女王の戴冠を祝して制定されたレースで、女王様に合わせて牝馬限定戦のマイル戦となりました。

そのためレース名もコロネーション(英語で戴冠、即位の意)という名称がついています。

ちなみに5月に行われるレースにコロネーションC(エプソム競馬場芝2400m)というそっくりなレース名のレースがありますが、このレースとは全く関係がありません。

3歳牝馬限定戦ということもあり、あまり需要がないように思われるレースではありますが、G1レースに制定されたのは1988年となんとプリンスオブウェールズSよりもずっと前。

それだけ重要視されているというのは各地のクラシックホースの中のチャンピオンを決める一線という認識が強いからでした。

ヨーロッパ各地の春のクラシックが終わったこの時期、イギリス、フランス、イタリア、アイルランド、ドイツなどの国々でそれぞれのクラシックホースが誕生しています。

しかし、どの馬が一番強いのかはわからないまま。

そのため、各地のクラシックホースの陣営は「うちの馬が一番強い」という思いのままこのレースに参戦してきます。

04年の勝ち馬アトラクションなどは英愛1000ギニーにこのレースを制して、史上初の欧州3歳牝馬マイル三冠を達成しています。

各地のクラシックホースが参戦するだけにどうなるか気になりますよね?

それではブックメーカー「ウィリアムヒル」「bet365」で発表されているオッズとともに注目度の高い出走馬を詳しく見ていきましょう。


今年のコロネーションSは圧倒的1番人気馬が存在し、ほかの馬たちは離れた2番手以下という評価。その大本命に目されているのが英愛1000ギニーの勝ち馬ウィンター。

2歳5月のデビューで初戦を3着に敗れると、初勝利まで3戦がかかるという遅咲きの馬で市アガ、2勝目を挙げたのは英1000ギニー。

一気にクラシックホースになると、愛1000ギニーに本命馬として登場。ここも危なげなく制して英愛1000ギニーを制覇する偉業を成し遂げました。

エイダン・オブライエン厩舎の所属でガリレオ産駒とはいえ、あまり期待されていなかったのは確かで英1000ギニーまでは2番手騎手のローダンが騎乗していました。

しかし、英1000ギニーの勝ちっぷりがあまりに優れていたことからオブライエン厩舎の主戦であるライアン・ムーアに乗り替わり。

出典 https://ja.wikipedia.org



それで愛1000ギニーは4馬身以上の差をつけるブッチギリの圧勝。コロネーションSでも大本命の座に就きました。

ちなみにウィンターがコロネーションSを制すると、先述のアトラクションに並び史上2頭目の欧州3歳牝馬マイル三冠を達成することに。オブライエン厩舎も万全な仕上げで臨むだけに期待は高まっています。

このウィンターに待ったをかける存在になりそうなのが、ゴステン厩舎のダブヤー。「ウィリアムヒル」では2番人気、「bet365」では3番人気に支持されています。

父はセポイというオーストラリアの馬というマイナーな結党から生まれた馬ですが、デビュー戦から2連勝。

フランスのマルセルブサック賞こそ3着に敗れましたが、今年初戦となったフレッドダーリンSを快勝。この時点での実績はウィンターよりも上でした。

しかし、そこから調整に時間がかかり、なんと春のクラシックは未出走で幕を閉じる形に。

休養明けというハンディはありますが、ウィンターとは戦っていないという点が未知なる魅力として知られています。

マイル戦の経験等を考えたらこちらのほうが上とも考えられ、L・デットーリの手綱さばきに期待が持たれます。

出典http://2chkeiba2chkeiba.blog.fc2.com



ダークホースとして注目されているのが「bet365」で2番人気、「ウィリアムヒル」で3番人気のプレシューズ。

とにかく勝ち味に遅いタイプの馬で、デビュー戦から3戦連続で2着。初勝利は年明け初戦の3月のことでした。

それから4月に行われたシジー賞でも2着に入りましたが、勝ち馬のファスからは3馬身半も離されていました。これでは仏1000ギニーでも13番人気という低評価もうなずけます。

しかし、プレシューズは結果で黙らせます。1番人気のセンガが大惨敗を喫した中でプレシューズはよく伸びて、2着のシーオブグレースに1馬身3/4をつける快勝。大番狂わせの主役となりました。

ウィンターも伏兵として英1000ギニーを制していますが、プレシューズのそれはウィンター以上の大金星でした。

プレシューズはその後、このレース一本に絞って調整。こちらもまたウィンターとの対戦経験がないことがポイントになっています。

プコロネーションSは6月23日(金)の16時20分(日本時間:6月24日(土)0時20分)に発走予定。格式高いロイヤルアスコットミーティングのレースで3歳マイル女王が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!

アイキャッチ画像 出典 http://blog.livedoor.jp/turfabeille

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る