W杯アジア予選 ハリルジャパンは難敵イラクに勝利なるか?

Pocket

アジアW杯最終予選。

ロシアへの切符をかけた熱い戦いも、いよいよ佳境を迎えようとしています。

中でも日本が所蔵するグループBは大混戦。日本・サウジ・豪州が勝ち点16で一列に並びます。

果たしてハリルジャパンは混戦の中W杯出場を果たすことができるのか?

13日に負けられない一戦。イラク戦が控えます。

格下とは言えアウェー戦。慢心があっては足元が救われることは間違いありません。

日本全国民注目の一戦を、オッズを交えながら予想していきます。

 

 

日本は親善試合で苦戦。シリア相手に引き分け 見えてきた課題と収穫

UAE戦とタイ戦の両試合を勝利で終え、勢いづいてきた日本代表。

ハリル監督主導の新フォーメーション4-3-3も上手く機能し、非常に収穫のある代表ウィークとなりました。

しかし先日の親善試合シリア戦では一転して苦戦。特に前線の連携が上手く機能せず、敵に危ない場面も多く作られました。

大迫の前線でのポストプレーは相変わらずでしたが注目のゴールゲッター久保が機能せず。

出典 http://www.sanspo.com



試合を通して孤立してしまう場面も多く、これではよさも生かしきれません。

加えて守備面でのセットプレーの脆さも明るみに。

イラク戦を前に課題が浮き彫りとなった形となってしまったでしょうか?

ただ交代選手がポテンシャルを見せたのも事実。

その中でも注目すべきは、乾と本田でしょう。

後半開始早々に先制され重たくなった雰囲気を打開したのは両選手の崩しやドリブルです、。

乾は華麗な個人技で敵を翻弄。特にファーストタッチのコントロールが素晴らしく、エイバルでの成長を感じさせてくれました。

そして本田。彼は後半の投入直後から日本の攻撃の起点となり続けました。

また空中戦での敵DFとの競り合いにも8割がた勝利。やはり本田のフィジカルはアジアでも飛びぬけています。

収穫あり・課題ありといった手ごたえで親善試合を終えた日本。

格下相手にもしっかりと勝利で終えることが出来るか、注目が集まります。

 

 

心配されるコンディション面 怪我人続出の中を猛暑が襲う

敵地で迎えるイラク戦。ハリルジャパンのアウェーでの試合成績は2勝1分けと、余り苦労している印象は見受けられませんが、問題なのはやはり選手のコンディション面。

猛暑日の中での試合が予想されるので、試合を通してのハードワークの徹底は厳しくなるでしょう。

かねてからスタミナ不足が指摘されている日本代表は、判断を見誤れば今節も後半ガス欠を起こしてしまいかねません。

また、4-3-3の核となる香川が離脱、加えてアンカーの山口も戦列復帰できるか不透明な状態。

出典 http://news.livedoor.com



重要な一戦を前にして怪我人続出の日本は、しっかりと勝ち点3を積み重ねることはできるのでしょうか?

今節の後は、豪州・サウジアラビアと強豪が控える状況。

厳しいコンディション下でも本来の力を発揮できなければ、本選出場の道は厳しくなってしまうでしょう。

 

 

ハリルボジッチはプランAを実行できるのか? スタメンは本田?久保?乾?

日本が新しく取り入れたフォーメーションの一つ 4-3-3.

現世界王者レアルに代表されるカウンター重視の戦術で、特に中盤3選手の動きが重要になります。

ですが崩しという部分ではやや難点も見られ、引いて守る相手にはやや苦戦しがち。

ハリルジャパンがシリア戦で苦戦したのもそういった理由が考えられますね。

レアルはイスコやクロースのパスセンスに加え、試合の中で4-4-2に変化する時間を作ることで弱点を改善しつつありますが、ハリルジャパンにも今後そういった工夫が求められそうです。

ただ今節はそれ以前の問題。

怪我人が続出し中盤は人数が足りていないと認めざるを得ないハリル監督はプランBやプランCを実行することも示唆していました。

特に引いて守ることが予想されるイラク相手ですから、4-2-3-1で本田をトップ下にしてポゼッションを高めるという可能性も十分考えられます。

選手たちが手ごたえをつかみつつあるプランAはハリルも実行したいところですが、香川や山口の埋め合わせは控え選手では難しいでしょうか?

シリア戦で出場した井手口は守備面などで良さを見せましたが、倉田は香川ほどの働きはできませんでした。

こういった代役選手が練習などでポテンシャルを見せることができれば、プランAも考えられるでしょう。

また乾や久保の起用法にも注目。

出典 http://www.calciomatome.net



絶大な個の力を見せた乾を大一番で先発させるかはハリル次第。少し勇気のいる采配となるかもしれませんが、彼のドリブル力は代表には必要不可欠です。

久保・原口・大迫の3トップは確かに強力ですが、崩しという部分においては物足りないのは事実。

ロングカウンター戦術を採用してくるであろうイラクを相手につたない連携は命取りですが、かといって4-3-3で崩しきれず引き分けに終わっては、これからを戦う上でかなり不利な状況となってしまいます。

ハリルには難しい采配が求められますが、特にシリア戦でも苦戦した前半の試合の入りが大事になりそうな予感です。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは大注目の一戦シリアVS日本をオッズでも予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル イラク勝利 7.50 引分け 4.20 日本勝利 1.44


ブックメーカーbet365 イラク勝利 9.00 引分け 4.20 日本勝利 1.40


アウェーですが日本有利は揺るがないようです。

イラクは若手中心のチーム。オリンピックに出場し、ブラジルと引き分けを演じた黄金世代でもあります。

ただハリルジャパンが真価を発揮するのは、ホーム戦よりむしろアウェー戦。

やはり試合を優勢に進めていくのは日本ということになりそうですね。

気になるのは気温や湿度などのコンディション面ですが、交代選手などを上手く使いスタミナの消費を抑えることが鍵となるはず。

ペース配分には常に気を配りつつセットプレーやカウンターの警戒を怠らなければ、8割がた日本が勝利できるでしょう。

 

 

総括

W杯アジア最終予選。

日本・豪州・サウジアラビアが勝ち点16で並ぶ大混戦となったグループBですが、果たしてハリルジャパンは本選への切符を掴むことができるでしょうか?

今節勝利で終えれば、他2国より勝ち点3上回ることが出来る日本。

それだけに見逃せない一戦となることは間違いありません。

6/13日21時25分キックオフのイラク戦。

テレビの前で全力で日本を応援しましょう。

アイキャッチ画像 出典 http://nofootynolife.blog.fc2.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る