上位決戦 清武セレッソが不調神戸と激突!!


Jリーグも12節を終え、いよいよ中盤へ。

今年は稀に見る混戦模様となっていますが、果たして優勝の栄光を勝ち取るのはどのクラブになるのでしょうか?

勝ち点1でも落とせない激戦が続いていきますが、今節は対照的な調子の両クラブが顔を併せます。

神戸VSセレッソ大阪。

4月の好調ぶりが嘘のように落ち込んでいる神戸に対して、セレッソは日を追うごとに力をつけてきました。

ここで負ければ優勝争いから脱落しかねない重要な一戦。

J13節の注目のゲームの行方を、オッズを交えながら予想していきます。

 

 

両チームの近況

神戸は前々節は王者鹿島相手に2-1で勝利を収めたものの、全体的にみれば停滞期に突入しているようです。

4/16柏戦を境に負け星が続き、6銭でわずか1勝。

開幕からの好調ぶりが水泡のごとく消え去り、順位も1位から7位にまで転落してしまいました。

今節負ければ優勝争いからの脱落も現実味となるだけに、何としてでも勝利収めたいところでしょう。

対するC大阪は開幕こそ3戦未勝利で躓きましたが、次第に実力を発揮し始め4位にまで浮上。

ここ2試合は大量得点での勝利を続けており、状態はかなり良いのではないでしょうか?

清武選手をはじめ多くのタレントを要する巨大戦力は、今後のJリーグでも台風の目となることでしょう。

出典 naver まとめ



 

 

セレッソと相性の良い神戸、しかしホームでの戦いは苦手か?

セレッソと神戸。両者のJ1での成績をさかのぼって確認してみると、過去7試合で4勝2分け1敗で神戸が大きくリード。

かなり相性が良いことが伺えます。

しかし面白いことに、セレッソはアウェーでの神戸戦では1勝1分けで負けがないというデータも残っています。

元々今季はホームゲームでの弱さが指摘されている神戸。

過去4試合でいずれも勝利がないわけですが、これは今節の試合にも大きな影響を与えるかもしれません。

序盤の内にホームの苦手意識を克服しておきたい神戸ですが、果たして今節は勝ちきれるのか?

対するセレッソも対戦成績では不利ですから、決して油断できる相手とは言えません。

様々なデータから考慮しても、今節は拮抗した試合展開になりそうな予感です。

 

 

試合展開

セレッソ大阪は、昨年まではパス回しを起点にポゼッションで敵を翻弄するサッカーを得意としていましたが、尹晶煥監督が招聘されでから大きく転換方向。

セットプレーやロングボールなどに強みのある武闘派スタイルに、徐々に変化してきました。(セットプレーだけで9得点。ヘディングシュートのゴール数も最多を記録)

元々は鳥栖でロングカウンターを起点としたサッカーを浸透させた名将。

彼の指導する新戦術がチームに良い形で影響を与えているようです。

今節も神戸相手に積極的に空中戦やカウンターを仕掛けていきたいところ。

清武らが攻守に顔を出しながら素早くゲームを展開させていけば、ゴールにつながるプレーが期待できます。

そして一番の注目選手は、2試合連続ゴール中の杉本賢雄。長身からなるポストプレーは、敵に常に脅威を与え続けるでしょう。

出典 http://muddlenews.blog.fc2.com



対する神戸も不調ではありますが、前節渡辺が得点を決めるなど攻撃陣も調子を取り戻しつつあります。

また、リーグでのセットプレーからの失点数は一番少ないというデータも記録。

セットプレーは今節を占う一つの争点となるかもしれません。

個々数試合は決めきれない試合が続いていますが、落ち着きを取り戻せば簡単にゴールを奪えるだけの戦力は揃っているはず。

中盤での山口らとのマッチアップを制することが出来れば、久々のホームでの勝利が見えてくるはずです。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは神戸VSセレッソ大阪の情対決の予想を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル  神戸勝利 引分け 3.10 セレッソ大阪勝利 2.80


ブックメーカーbet365 神戸勝利 2.50 引分け 3.20 セレッソ大阪勝利2.80


さすがは上位決戦。両者拮抗したオッズとなっているようですね。

過去の対戦成績や、最近の好不調の波。それ以外にも様々なことを考慮してもこの結果は妥当と言えるかもしれません。

また今節の最大の注目点は、神戸が苦手なホームゲームでどれほど力を発揮できるかというもの。

本来ホームゲームは心理的な面などからみても有利だとされていますが、神戸は2勝1敗3分けと黒星が先行している状態です。

勝てないことを意識しすぎて焦りが見え始めると、ペースはセレッソに傾くはず。

試合開始から15分で神戸が落ち着くことが出来れば、まず間違いなく白熱したゲームが期待できるでしょう。

 

 

総括

Jリーグ第13節。

8位神戸が、4位セレッソ大阪をホームで迎え入れる上位決戦。

首位から8リームが5ポイント差にひしめきあう(未消化試合を含めると)大混戦模様の今季のJ1リーグでは、序盤の勝ち星が後々にも大きな意味を持つことになりそうです。

また、両者は今節負けると優勝戦線からの脱落も現実的となる一戦ですので、是が非でも勝利を収めたいところでしょう。

注目の試合は5/29・17時キックオフ。

日曜の夕方も、jリーグが見逃せません。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る