J1屈指の好カード 強豪同士が意地のぶつかり合い

Pocket

前節埼玉ダービーでまさかの敗戦を喫し、ブーイングを浴びせられたのは昨年総合一位浦和レッズ。

開幕から初めての無失点での敗戦に、サポーターの怒りが頂点に達してしまったようです。

現在は勝ち点19でかろうじて首位をキープしていますが、今節は強豪との直接対決。

ここを落とすと首位陥落が決定する重要な一戦ですが、勝利で終えることは叶うでしょうか?

対するは昨年優勝鹿島アントラーズ。

開幕黒星と最悪のスタートを切った彼らですが、現在は上手く建て直し3位をキープしています。

浦和との勝ち点差も1にまで縮まり、今節勝利すると首位奪還が決定的に。

連覇に向けて最初の正念場を迎えることになりそうです。

Jリーグ第10節。

浦和レッズがホームで鹿島アントラーズを迎え入れる一戦。

Jファンなら見逃せない大注目の一戦を、オッズを交えながら予想していきましょう。

 

 

両チーム近況

浦和はここまで好調をキープしていましたが、前節の埼玉ダービーで大宮相手に0-1で敗戦。

自慢の攻撃陣が機能せず、開幕から初めて無失点で試合を終えることとなってしまいました。

今節は鹿島との大一番ですが、メンタル面の回復が心配されます。

対する鹿島アントラーズは苦手だったホームで鳥栖相手に逆転勝利。

出典 https://qoly.jp



課題が残る試合ではありましたが、勝ち点3を手にした結果にまずは満足といった所でしょうか?

今節は浦和との上位決戦。

勝利すれば、首位の座が手に入るかもしれない重要な試合です。

2連勝で勢いづくことができれば、連覇に向けても大きく近づくこととなるでしょう。

 

 

対戦成績 スタッツ比較

両者の対戦成績は、31勝11分け21敗で鹿島アントラーズがリード。

ただし、過去5戦に限って言えば3勝1敗1分けで浦和に分があるようです。

また、スタッツを比較してみますと両チームストロングポイントは対照的だということが分かります。

攻撃面に特化しているのは浦和。

出典 http://www.sanspo.com



シュート数・チャンス構築率・ゴール・成功率などどれをとっても高水準で穴が見当たりません。

対する鹿島の守備力は、リーグ随一。

毎試合の被ゴールは何と1点を下回る0.9で、常に安定したゲーム展開を続けています。

攻撃と守備がぶつかり合う、白熱したゲームになることは間違いないでしょう。

 

 

試合展開

ホームでは無類の強さを誇る浦和。

開幕戦や前節埼玉ダービーこそ敗戦を喫しましたが、全てアウェイゲームでの出来事です。

ホームの試合は未だ無敗で4連勝。今節は鹿島が相手ですが、得意の攻撃力を存分に生かし切れば、昨年のチャンピオンシップでのリベンジは十分可能でしょう。

ただ、鹿島は対照的にアウェーで4連勝中。ホームでの敗戦が響き順位は3位どまりですが、昨季王者は敵地では圧倒的な強さを誇っています。

両クラブ相手にとって不足なし。

正にストロングポイントのぶつかりあいとなる試合が予想されますが、果たして今節はどのように試合が進んでいくのでしょうか?

基本線は浦和がポゼッション・鹿島がカウンターの戦術プランを実行してくるはずですが、重要となるのは中盤での攻防でしょう。

特に浦和がボールロストした後の2ndボールをどちらが制することが出来るかが、試合の鍵を握ることになりそうです。

攻撃では圧倒的な力を誇る浦和ですが、守備ではまだまだ課題が山積み。

出典 http://www.calciomatome.net



今節は鋭いカウンターが武器の鹿島が相手ですから、常に2ndボールに圧力をかけ続け鹿島の攻撃を少しでも遅らせなければいけません。

まずい形でボールを奪われるとそれが決定的な場面にも直結してしまいますから、なるべく早くさばいてシュートで終わる意識も持ち続けなければいけないでしょう。

求められるのは攻守一体。バランスよく両者をコントロールすることが、鹿島戦勝利の道筋です。

一方鹿島は空中戦を織り交ぜて浦和DFのラインを下げていきたいところ。

前節鳥栖戦では、高さを生かしたプレーでの競り合いが逆転勝利を呼び込みました。

流れの中の崩しが少なく決定力不足に悩まされ続けている王者ですが、徹底した空中戦を仕掛け続けることが得点にもつながっていくはずです。

ショートパスなど苦手とする崩しの部分を改善することも大事ですが、今節はストロングポイントを全面に出し切るプレーが勝利に直結しそうな予感です。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それでは大注目の首位攻防戦。

浦和レッズVS鹿島アントラーズの試合結果の予想を、ブックメーカーのオッズでも確認していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル 浦和勝利 1.75 引分け 3.75 鹿島勝利 4.00


ブックメーカーbet365 浦和勝利 1.72 引分け 3.50 鹿島勝利 5.00


意外なほどに差があるオッズ数値となっています。

鹿島は得点力不足が際立つとはいえ、ここまでリーグ3位。

浦和との勝ち点差も1ptしかなく、ここまで安定して勝ち点を積み上げてきています。

勢いという点では浦和が勝りますが、前節埼玉ダービーでの敗戦もまだ引きずっているはず。

それに今季の鹿島はアウェーゲームは大得意です(現在4連勝中)。

オッズほど差がある試合展開にはならないのではないでしょうか?

ただ、そうはいっても浦和もホームでは4連勝。

総得点は17点(ホームだけで)に上り、一試合平均で換算すると3点以上は奪っているという驚くべきデータも残っています。

総合的にみてチーム力は両者ほぼ互角。

予想の難しい白熱したゲームになりそうな予感です。

 

 

総括

jリーグ第10節は首位攻防戦。

強豪同士の頂上決戦はJファンなら決して見逃せないはずです。

両者ここまで力を存分に発揮して、リーグ・ACL共に好調。

それだけに今節は普段以上の白熱した試合展開が期待できます。

大注目の10節は5/4日キックオフ。

GWもJリーグが見逃せません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る