Jリーグ第8節 2位浮上の鹿島が、名波監督率いる磐田と激突 


リーグ・ACLと連敗が続いていた鹿島。

連覇に向けて早くも暗雲が立ち込めていましたが、前節の快勝で勢いを取り戻すことができたでしょうか?

今節は、苦手のホームゲームでの一戦。

真価が問われることになりそうです。

対するは、後半43分に先制されながらもその後、奇跡の逆転劇を演じたジュビロ磐田。

名波監督が指揮をして実に3年という期間が経過しましたが、徐々に徐々に力をつけている印象ですね。

Jリーグ第8節。ホーム鹿島が磐田を迎え入れての一戦。

ファンなら見逃せない好ゲームを、オッズを交えながら予想していきます。

 

 

連敗脱出の鹿島 対する磐田もホーム初勝利

鹿島は、大幅なターンオーバーを実施して挑んだ第6節。

普段やりなれていない選手陣は、攻守ともに精彩を欠き結局は敗戦してしまいます。

ターンオーバーの目的は目前に迫っていたACL戦。

しかし、そのACL戦も結局は勝ちを逃してしまい、石井監督の采配が完全に裏目に出た形となってしまいました。

そんな中挑んだ仙台戦。前節浦和相手に0-7の大差を喫している相手だけに守備面では相当力を入れていたはずですが、終わってみれば4-1.

目の覚めるような快勝で順位も2位に浮上し、不安を払拭することが出来たでしょうか?

対する磐田は鳥栖戦では、中村俊輔を起点としたゲームメイクで試合を完全に支配していましたが、、ゴール前では精彩を欠きました。

出典 http://speakosakaben.blog51.fc2.com



結果が後半43分の失点。敵に確実にチャンスを決めきられ、ホーム初勝利がまたもや遠のいたようにも見えました。

しかし、その失点直後のアダイウトンのゴールがホームチームに流れを完全に引き寄せます。

1-1となったアディショナルタイムも果敢に攻め続け、49分に決勝点。

正に奇跡と言ってもよい劇的な試合は、これからを戦う上でも少なからず影響を及ぼすはずです。

今節は、前年王者に挑む一戦。全力を出し切れば勝利も夢ではありません。

 

 

対戦成績、勝ち星がない磐田

両者過去5試合の対戦成績は、2勝3分けで鹿島が圧倒。

通算成績でみても、32勝9敗13分けと、磐田はかなり分が悪いでしょうか?

攻撃回数からゴール数など、ここまでのリーグスタッツでも完全に鹿島が上回っており、厳しいゲーム展開になることは間違いないでしょう。

ただ、今季の鹿島はホームが大の苦手。

開幕戦黒星も併せてここまで1勝2敗と苦戦が続き、平均得点はなんと0.3と寂しい数字となっています。

中村俊輔を中心に、しっかりとゲームを支配続ければ連勝も十分に可能です。

 

 

試合展開

アウェーで試合の入り方が注目される磐田。

俊輔を中心としたポゼッションに加え、川又の高さを生かしたポストプレーなどにも魅力がありますが、今節は鹿島戦。

下手なポゼッションが命取りとなることはまず間違いありません。

前節も圧倒的にゲームを支配しながらゴール前で決めきれなかった磐田。

早い時間に先制点を奪えなければ、苦しい展開となるのは明白でしょうか?

注目は、ここまで控えに甘んじているアダイウトンの起用法。

バランスを考慮してのベンチスタートが続いている助っ人FWですが、攻撃力はリーグ随一です。

後半から出場してきた彼の活躍が、今ゲームを左右することになりそうです。

対する鹿島は伝統の4-4-2.

昌子・植田を中心とした鉄壁DF陣に加え、小笠原を中心とした中盤にも定評があるシステムですが、不安はやはり攻撃力。

 出典 http://blog.goo.ne.jp/pankman77



金崎は今季ここまで2ゴールとやや出遅れ気味で、今節での爆発が期待されます。

善戦からのプレスやポストプレーはらしさが見えますが、やはり得点が奪えていないとあっては彼も不満でしょう。

また、磐田の川又と昌子らDFのマッチアップにも目が離せません。

リーグ屈指の肉体を誇る川又と若手NO1DF昌子との空中戦は今節の見逃せない要素の一つでしょう。

 

 

オッズで試合を予想しよう

それではjリーグ第8節。

注目の試合をオッズでも予想していきましょう。

ブックメーカーウィリアムヒル  鹿島勝利 1.44 引き分け 4.06 磐田勝利 6.50


ブックメーカーbet365  鹿島勝利 1.44 引き分け 4.00 磐田勝利 8.50


両者ともにかなり差の開いたオッズとなっているようです。

やはり過去の対戦成績などが影響しているのでしょうか?

ただ、鹿島は前節勝利を収めましたが去年ほどの勢いはまだ感じられません。

特にホームでの戦績が酷く、磐田にも十分勝ちの目があるはずです。

俊輔を中心とした確かなポゼッション能力で、王者相手に善戦してほしいものです。

 

 

総括

Jリーグ第8節。

徐々に王者の力を見せ始めている鹿島アントラーズに対するは、前節ホームで初白星を挙げたジュビロ磐田です。

下馬評ではかなり差があると予想されている両クラブですが、サッカーは何が起こってもおかしくないスポーツ。

最近の鹿島のホーム成績などを加味しても、大番狂わせが起きる要素は十分揃っていると言えるでしょうか?

週末もJリーグから目が離せませんね。

 

アイキャッチ画像 出典 http://shooty.jp/4364

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2016-4-22

    バルセロナオープン2016 ブックメーカーbet365で錦織圭選手の試合に賭ける

    bet365のライブストリーミング映像が見れたら次は実際にベッティングします! bet365に…
  2. 2016-4-22

    錦織圭選手の試合をライブ映像でみながらベッティングする方法

    こちらのページでは、ブックメーカーをよりエキサイティングに楽しむ方法をお伝えします。 それは、…
  3. 2016-4-21

    あまり知られていないブックメーカーを使い海外の競馬に投票する方法

    日本の競馬をブックメーカーで購入することができます。 そのブックメーカーは…
ページ上部へ戻る